費用を具体的に知って個人再生をしよう【弁護士に依頼する場合】

HOME>レポート>個人再生は破産とは違う借金返済の方法|手続き費用も確認

個人再生は破産とは違う借金返済の方法|手続き費用も確認

電卓と硬貨

住宅を手放さなくてもよい

個人再生は債務が返済できない場合に、任意整理と自己破産の中間的な解決方法と言えるでしょう。自己破産のように借金を棒引きにはできませんが、そのかわり何もかも失うわけではなく、住宅を手放さずに再出発することが可能です。債務は残高次第で最大10分の1にまで減らすことができ、一定期間内に分割で返済します。裁判所が間に入るので強制力があり、借金の取り立てに苦しむこともなくなります。自力で個人再生の手続きをする場合にも、一定の費用を支払う必要があります。また手続きが複雑で時間もかかるため、素人では途中で諦めてしまうこともあります。そのため弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのが一般的ですが、依頼するにも費用がかかります。

男性

元手がない場合には

自分で個人再生をする際には印紙代などの実費が3万円ほどかかります。また管轄する裁判所によっては個人再生委員への報酬の予納金として、20万円ほどの費用が必要です。これらに加えて弁護士に依頼するときは50万円程度、司法書士なら30万円程度の着手金を用意しなければなりません。個人再生をしようとする人は借金に苦しんでいるわけですから、簡単には費用を出せないのが普通です。そのため申し込むときには費用の調達方法を考えておく必要があります。法テラスでは弁護士費用の立て替え払いを利用することができます。また多くの弁護士事務所では、報酬の後払いや分割払いに対応しています。借金問題に関しては無料相談を受け付けている事務所も多いので、困ったら問い合わせてみると良いでしょう。

広告募集中