個人再生の費用やギモンを解消!ベストな債務整理の選び方

HOME>記事一覧>個人再生の手続き方法や費用の目安は?〜債務整理マメ知識〜

個人再生の手続き方法や費用の目安は?〜債務整理マメ知識〜

相談

種類がある

借金に悩む人の間では、個人再生の手続きを検討する人も多いでしょう。時効の援用や自己破産といった方法を債務整理をすることができる場合がありますが、適用されるためには裁判所が認めるような正式なステップを踏まなくてはいけません。また、それぞれにおいてデメリットをもたらすこともあります。個人再生を選ぶ場合は、小規模個人再生と、給与所得者等再生と2種類の方法がありますが、こちらもそれぞれで該当者や条件が異なります。

相談

個人再生の条件は

一般のサラリーマンが該当となる給与所得者等再生ですが、実は小規模個人再生を選ぶ人の割合が高くなっています。その理由としては、手続きが終えた後の返済額に挙げられます。返済額は、最低弁済額もしくは、所有する財産の総額の2つのうちで大きい方になるのですが、給与所得者等再生よりも有利な選択肢となるためです。給与所得者等再生では、ここに過去2年分の可処分所得が加わってきますので、返済額がさらに増大する可能性が高いのです。

男女

計画的に進めよう

いずれにせよ、手続きをするためには弁護士や司法書士に依頼することが一般的です。弁護士費用の相場としては50万円、司法書士費用の相場としては40万円を目安にするといいでしょう。また、住宅ローン特則を依頼する場合はさらに値段がアップすることを覚えておきたいものです。債務整理においてはきちんとした手順で計画的に進めていくことが肝心になりますので、専門家に相談しながらベストな方法を選択していきましょう。

手続きの流れ

相談

受任通知を送る

債権者に対して受任通知を送付します。弁護士が代理人となって債務整理を行なうことを知らせることによって、債権者による取り立てを一時的にストップさせることができるのです。

適切な利息を計算

利息制限法の上限金利に基づいて、正式な利息を計算して金額を出していきます。過払い金が発生していれば、返還請求の手続きへと移行しますので、払い過ぎたお金を取り戻すことも可能です。

書類申請

裁判所に提出するための書類を集めて、申立書を作成していきます。個人再生の申し立てにおいては、必要になってくる書類がありますので、過不足なく手配していきましょう。

面接

書類を申請した後には、再生委員と面接をします。弁護士同席のもとでいろいろな質疑応答が行われていきます。借金をした背景や内容、返済計画についての話し合いがメインとなるでしょう。

再生計画

裁判所や債権者に再生計画案を提出して、認可されれば計画案に則った返済が始まっていきます。認可されるまでは、4〜5週間の期間があきますが、確定後はきちんと計画通りに返済していきましょう。


広告募集中