基本知識を学ぼう!

結婚生活が破たんしていたり、異性関係トラブルがあることで大きな男女の揉め事に発展し、法的な争いになることは多いです。また交通事故や事件を起こしてしまったことにより、被害者から慰謝料を請求されるようなケースも少なくありません。普段の生活で慰謝料を支払うシチュエーションはないので、きっと戸惑ってしまうはずです。しかし対岸の火事ではありません。突然慰謝料請求された場合に備えて、基礎知識を身に付けておきましょう。

借金の対応策についてはコチラ!

相談

特徴を把握しよう

借金返済について心を砕いているなら、スムーズに債務整理ができる方法を模索していきましょう。個人再生などいろいろな選択肢があります。無理のない方法を選べば、新しい人生の切符を手に入れることができるはずです。

Read

アドバイスをもらおう!

日常生活では対処しきれない問題に遭遇した場合は、弁護士や行政書士など専門家の力を借りるのが一番です。法的に効力のあるアドバイスが受けられますし、問題解決のためのベストな方法を一緒に探ることができます。

トラブルが悪化しやすいシチュエーションランキング

法律書
no.1

男女関係

離婚やストーカーなど男女を巡るトラブルは後を絶ちません。根深い問題になると、刑事事件にまで発展していきますので、早めの対応が求められます。自分一人で解決しようとせず、積極的にサポートを活用しましょう。

no.2

交通事故

突然降りかかる災難としては交通事故が挙げられます。安全を意識していても、いつなんどき自分が被害者や加害者になるかわからないです。どちらの立場になったとしても、被害者・加害者双方で意見が食い違うことも多く、トラブルになりやすいです。

no.3

相続問題

相続問題によって大切な家族がバラバラになってしまう事例は昔から珍しくありません。とくに不動産を巡る争いは激化しやすいといえます。遺言書の有無が重要になってくるでしょう。

大ピンチ!慰謝料請求されたときの対応策を心得よう

男性

窓口を探す

さまざまな事情で慰謝料請求された場合は、自分で解決しようとせずに、法的な問題解決に強い相談窓口を探すことから始めましょう。無料で相談できるサービスもありますし、24時間いつでも受けつけている業者もあります。相談したことによって、請求された慰謝料を大きく減額することも充分可能です。あきらめないで、まずは相談する姿勢をもつようにしたいものです。

相談

不貞行為があった場合

離婚の原因としても多い配偶者の不貞行為。自分が不貞行為を働いた張本人になった場合は、相手側から慰謝料を請求されても仕方ないと応じてしまいがちです。また、公にできないことで一人で問題を抱えてしまうことでしょう。しかし、実績の豊富な弁護士に依頼することで、不利な立場でもきちんと相手側と交渉することが可能です。双方が納得できる合意を目指していくようにしていきましょう。

個人再生の費用を抑えよう

自己破産を依頼する場合の費用

[PR]
アポスティーユ認証の手続きをしよう
代行業者の利用がオススメ☆

[PR]
会社設立を東京で検討している方必見 
開業後も手厚いサポートで心配無用

[PR]

広告募集中